銀行カードローンが人気の理由

カードローンと言えば消費者金融、というのは昔の話です。今では銀行の個人向けカードローンの人気も高くなってきており、優れたサービスで消費者金融と利用者の逆転も起こり始めているといわれています。

 

あれほどまでに大きなシェアのあった消費者金融を抜かすほどの銀行カードローンは、それだけ優れた点や人気となる理由があるのは言うまでもありません。利用ができるのであれば消費者金融よりも銀行となるのも当然とも言える部分もあるので、まずは銀行カードローンがなぜ人気となっているのか、銀行カードローンで借りる良さとは何なのかを見ていきましょう。

 

金利に優れる銀行カードローン

銀行が消費者金融よりも大きく優れている点の一つに、金利があります。誰が見てもわかる部分であり、単純に上限金利で消費者金融と銀行と比べた場合でも金利は数パーセントの開きが生じることが多いです。

 

年率換算で数パーセントの差となると、最終的な支払いの総額にも大きな影響を及ぼします。特にまとまった金額を長期に渡って借りる場合などは金利が低いほどに支払いの総額が少なくなるので、基本的に上限金利での借り入れとなる消費者金融と比べても、銀行は返済時の負担が軽くなるのです。

 

カードローンは借りることだけでなく返済も考えて利用をしなければならないので、返済時の負担が軽くなる銀行カードローンが注目を集めるのも当然です。特に計画的に利用をしたい方、無理のない範囲で借りたいといったしっかりとした利用内容を持ってカードローンの利用を考えている方には、銀行カードローンが優れているともいえるのです。

 

 

幅広く便利に使える

これは銀行に限らず消費者金融でも同様ではありますが、カードローンは利用目的をそこまで細かく問われません。健全な消費性資金や生計費としての利用であれば自由となっており、銀行のカードローンでも同様に生計費などの利用であれば資金使途は問われません。

 

事業資金としての借り入れは行えませんが、個人が使う範囲の生活費や支払いとしての費用、またはレジャーや趣味の出費などにもカードローンで借りたお金が使えるので、限度額内で必要な分を都度素早く借りられる銀行カードローンは利用においても優れていると言えます。

 

また、金利が消費者金融よりも低くなる銀行のカードローンは、借り換え先としてもニーズがあります。高い金利で借りている方の借り換え先として銀行カードローンを利用すれば返済の負担が軽くなり、今後の完済に向けた無理のないプランで返済が進められるようにもなります。

 

ニーズに合わせて借り換えに適するカードローンを用意する銀行もあり、来店不要で契約が行えるオリックス銀行のカードローンでも借り換えや、多くの借り入れを一本化をするおまとめローンとしての利用にも向くとして人気が高まっています。

 

借り換えだからと言って必要書類が増えることもなく、オリックス銀行カードローンへの借り換えは希望額が300万円までなら所得証明書類が原則不要となるので、通常のカードローン利用と同じように手間をかけずに申し込みから審査、契約まで進められるようになっています。

 

意外にも審査も借り入れも早い

金利が低く借りられる銀行のカードローンは、イメージとして手続きに時間がかかると考えられがちです。早くに借りたいなら消費者金融、遅くても好条件で利用をしたいなら銀行といった風な先入観がありますが、今では決してそのようなことはありません。

 

例えば大手銀行のカードローンとなる三井住友銀行のカードローンでは、申し込み後の審査回答が最短30分と消費者金融と同等の早さとなります。審査回答後の契約は最短即日も可能で、契約機を使う手続きなら平日だけに限らず土日でも契約が可能と、まさに消費者金融で借りる最短即日融資の手続きと同様となっています。

 

銀行の窓口が閉まっているのに土日でも契約が行えると聞くと違和感がありますが、銀行のカードローンは借り入れ先はたしかに銀行とはなりますが、審査や契約の大部分は保証会社が行っているので銀行が閉まっていても手続きが行えるのです。

 

消費者金融系の大手カードローンサービスであるプロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が審査や契約を行う三井住友銀行カードローンの保証会社も、消費者金融系の保証となるために平日だけでなく土日でも手続きが可能で、急ぎで借りたい方の希望にあわせたカードローン利用ができるのも人気の理由となります。

 

銀行カードローンのデメリット

銀行でのカードローンは金利が低く、借り入れ先を選べば消費者金融と変わらない早さで借りるとなれば、特にデメリットは無いように思えてしまいます。しかし、利用における好条件はあくまで利用ができた場合に限られ、そもそも利用ができないとなると銀行カードローンの良さは受けられないことになります。

 

ここが銀行カードローンの大きなデメリットで、銀行は好条件であるがために審査基準が厳しく、申し込み内容によっては審査に通らない場合も少なくありません。安定した収入があることは絶対条件で、それに加えてある程度の収入のラインや勤続年数も求められるため、アルバイトなどの方では借りられない場合が多いのです。

 

銀行カードローンの大きなデメリットとしては審査基準の厳しさとなるので、良い借り入れであることは間違いはありませんが、それはあくまで借りられた場合に限るといったことは、カードローン選びの際の税低条件として頭に入れておくと良いでしょう。